MENU

症状についてSYMPTOM

社交不安障害

社交不安障害とは?

「多くの人の前で話すと緊張する」「初対面の人に挨拶するのが恥ずかしい」こんな経験は誰にでもありますが、社交不安障害はこのような場面で強い“不安”や“恐怖”を感じ、こうした状況を避けようとするために社会生活や仕事に支障をきたしてしまうこころの病気です。
社会不安障害、SADとも呼ばれます。さらに、ほとんどの社交場面で自己主張することに不安を抱えることもあります(全般性の社交不安障害と呼ばれます)

また社交不安障害は決して珍しい病気ではありません。
社交不安障害の患者さんは、日本の調査で約100万人以上と報告されており、決して珍しい病気ではありません。しかし治療可能であることが知られるようになったのは最近のことで、性格だからとあきらめてしまって、医療機関を受診しても医師に自分の症状をうまく伝えられない人も多いと言われています。

社交不安障害の症状

人が周りにいると恐怖や不安を感じますか?そのために生活の中で避けていることはありませんか?
社交不安障害をチェックしてみましょう。

  • 人前に出ると赤くなので困る
  • 注意されると非常にオドオドしてしまう
  • 人前で汗をかいてしまうのが苦痛だ
  • 注目の中でしなければならないような用事を避けている
  • スピーチしなくてはならない様になるのを避けている
  • 人々が見守っているときに何かをするのが怖い
  • 人前で震えてしまうのが苦痛だ

社交不安障害とこころの病気の関係

社交不安障害の患者さんはうつ病パニック障害などを併発しやすいと言われています。
特に社交不安障害は患者さんが病気だと気づかずに「性格」だと思い込み、治療を受けるまでに時間がかかると言われています。
このために過度な不安を抱えたまま過ごし、うつ病の症状があらわれてはじめて受診するというケースも少なくありません。
思い当たる症状があれば、早めに医師に相談してみましょう。

愛知県名古屋市港区入場1丁目502 みなとメディカルステーション2F
愛知県名古屋市港区入場1丁目502 みなとメディカルステーション2F
診療時間
9:00~12:00
16:00~19:00

※電話での完全予約制となっておりますのでご注意ください。
※電話予約は診療開始から、診療終了15分前までです。
土曜午前は8:40~12:00<休診日>日曜・祝日・土曜午後

©2018 あおぞらクリニック